オリックス「やってくれそう」な新人お披露目 頓宮「1年目からクリーンナップ」

オリックスは15日、大阪市内のホテルで新入団選手発表記者会見を実施。
続けて西村監督が「ユニフォーム姿を見るとはやく一緒にプレーをしたい。1年目から試合に出るという強い気持ちを持って新しいオリックスを引っ張って行ってほしい。この8人と共に優勝争いをできるチームにして行きたい」と熱いエールを送った。
ドラフト1位指名の太田椋(天理高)は「ユニフォームを着てはやくプレーしたい。全力プレーを頭に入れて、守備はショートにこだわり打順は3番にこだわりたい」と意欲を示し、対戦したい選手には同世代でもある「日本ハムの吉田輝星投手」を挙げた。さらに「守備では確実性、バッティングは長打力をアピールしたい。
父が一軍のバッティングピッチャーをやっているので、一軍に上がって父の球を打ちたいと語ると、会場に駆けつけていた父・暁氏の表情も和らいだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。