風呂の異臭も指摘…ヤクルト青木“グラウンド外”も改革貢献

13日、ヤクルトの青木宣親外野手(36)が現状維持の年俸3億3000万円(3年総額10億円)でサイン。
主に施設面。クラブハウスの下水管が古くてお風呂場が臭いので直してほしいとか。できればサウナもつけてほしいと思うけど、スペースの問題もあるし、(明治)神宮の持ち物なので、どこまでできるか分からないですけど。
室内練習場にはエアコンをつけるらしいので、快適になると思います ヤクルトは最下位に沈んだ昨季から今季2位に浮上。「精神的支柱となった青木の存在が大きいといわれてきた。それはグラウンド内に限らない。」
テンションを上げるため、試合前の決まった時間にクラブハウス内でノリのいい音楽を爆音で鳴らすことを提案した。「(戻って)来た頃はみんな自信を持ってなかった。いわゆる負け癖みたいな。」
毎日同じ野球をやるわけで、でも野球は瞬間のスポーツだからメンタルの持っていき方が大事。どこかでスイッチを入れる瞬間が必要だと思った。もちろん、僕がメジャーに行く前は静かだったよ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。