アジアWL優勝決定戦、イースタン選抜が5回終えリード 先発池田が5回無失点

台湾で行われている「アジア・ウインターリーグ」は16日、優勝決定戦が行われイースタン選抜は台湾選抜と対戦。
3回は1死から9番・莊駿凱に左翼線二塁打を浴びるなど2死一、三塁としたが3番・張を見逃し三振に仕留めピンチを切り抜けた。ここまで無安打のイースタン選抜は3回。先頭の楽天・岩見が左前打で1死満塁のチャンスを作る。
ここでヤクルト・宮本の一ゴロの間に三塁走者の岩見が生還し先制に成功した。その後は両チーム無得点が続き5回を終え1-0とイースタン選抜がリード。先発の池田は5回を終え1安打6奪三振無失点の好投を見せている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。