広島のスーパーサブ・上本が目指す打撃力向上 ウエートトレから意識付け

このオフ、広島・上本崇内野手(28)の相棒はバットだ。
トレーニングでも打撃フォームを意識。ウエートトレにスイングの動作を取り入れるなど「バッティングにつながるトレーニングをしています」と本気モードだ。今季はスーパーサブの確固たるポジションを築き上げた。
自己最多の59試合に出場し、6盗塁。代走として重大な局面で盗塁を決め、チームの勝利に貢献した。普段はムードメーカーとしてナインを盛り上げるが、グラウンドに飛び出せば、勝負師の顔に変貌する。
背番号0の勝負強さが際立ったのが、CSファイナルステージ第2戦だ。1点を追う終盤の八回。
「僕の場合はしびれる場面だけじゃなくて、全部失敗できない。点差が開いていても、エラーできないので」。言葉の端々にスペシャリストの自負がにじむ。
今季は本格的に外野にも取り組み、出場の機会を増やした。抜群の野球センスに加えて練習の成果を示した。ただ打率は・091。
わずか13打席だったが、上本は不満顔だ。「守備固めや代走で出ても打席がまわってくることがある。自分の仕事はあるけど、打席に立つなら打てた方がいいと力を込める。」
年明けからは小窪、下水流と共に、恒例のグアム自主トレを行う予定だ。「暖かいところの方が体を動かせるので」。代走、守備の達人は南国でもバットを振り込むつもりだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。