根尾加入&ロメロ獲得、もう68人に…支配下登録枠から見る中日の補強ポイント

プロ野球もオフシーズンに入り、各球団は来季に向けて戦力を整えている。
ここでは各球団の補強ポイントを探ってみたい。今回は中日編。現時点で中日の支配下登録の状況は以下のようになっている。
支配下昇格1人+新外国人1人、右打者7人)・外野手13人(新人1人+支配下昇格1人+新外国人1人+新外国人1人)・内野手14人(新人0人、右投手25人左投手8人(新人3人)○投手 投手陣の大部分は10歳代から20歳代となっており、年齢構成は若い。岩瀬が現役を引退し、山井の40歳が最年長。
左投手も新助っ人のロメロや小笠原、笠原、岡田らまずまずの陣容だ。だが、今季チーム最多の13勝をあげたガルシアが抜けた穴は大きい。チーム防御率はリーグ最下位だったため、より強固にしたいところではあるが、既に支配下登録枠は68人に達している。
新たな補強はトレード以外では難しく、梅津らルーキーの台頭と、若い力の台頭に現状は期待するしかないか。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。