渡辺元智氏講演で感謝語る 知覧特攻基地見学で感慨

横浜高前監督の渡辺元智氏(74)が15日、鹿児島県薩摩川内市で行われた「第2回国体スポーツフェスタINさつませんだい」に特別講師として招かれ、小中高生や保護者らに講演と野球指導を行った。
前日14日に鹿児島入りし、すぐに南九州市の知覧特攻平和会館を見学したことに触れ「特攻で亡くなった方々のことを忘れてはならない。野球ができる幸せを感じてほしい」と話した。同校監督時代は、98年に松坂大輔投手(現中日)らを擁して甲子園春夏連覇を達成。
甲子園は春夏合計27度出場し、51勝を挙げた高校球界の名将だ。今秋ドラフトでは、楽天に孫の渡辺佳明内野手(21=明大)も指名されて入団した。講演の後は小中学生らに故障しない投げ方などを、また市内4高校の野球部員へは身ぶり手ぶりで指導し「甲子園を目指してほしい」とエールを送っていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。