菊池雄星が米国へ向け出発「1つのきっかけになる」

ポスティングシステムを利用してのメジャー移籍を目指す西武菊池雄星投手(27)が16日、成田空港からロサンゼルスに向け出発した。
とにかく自分のベストなパフォーマンスを出せるように、そういうところをこだわっていきたいと今の心境を口にした。米国では、代理人のスコット・ボラス氏が運営する専門施設でトレーニングを継続しながら、有力候補に挙げられているマリナーズ、ジャイアンツなど複数の球団と直接交渉に臨む見込みだ。「どうなるか分からないことが多々あるが、全ての出来事、プロセスを楽しみながらポジティブに勧めていきたいと真っすぐ前を見た。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。