ロッテ・安田、アジア・ウインターリーグで「いい挑戦ができた」

台湾で約3週間に渡って行われた、アジア・ウインターリーグで、2年連続2度目の優勝を飾ったイースタン選抜の一員としてプレーした、ロッテの安田尚憲内野手(19)、和田康士朗外野手(19)、森遼大朗投手(19)が17日、航空機で羽田空港に帰国した。
1軍の投手はもっとレベルが高くなるので、ウインターリーグで満足することなく、しっかり鍛えてキャンプを迎えたいと早くも来季を見据えた。守りでも、同級生で同じ左打ちの大砲候補のヤクルト・村上と入れ替わりで一、三塁両方の守備をこなし「いろいろなポジションを経験できてよかった」と収穫を口にした。育成選手の和田は18試合に出場し、43打数8安打、1本塁打8盗塁を記録。
同じく森は救援投手として8試合に登板し、1勝0敗3ホールド、防御率は3・27の成績を残した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。