巨人マシソン、地元メディアで“日本愛”語る ファンは「熱狂的」で「礼儀正しい」

巨人のスコット・マシソン投手は、2019年に来日8年目を迎える。
「バンクーバー生まれの大リーグ投手(スコット・マシソン)は日本で伝説となった」との見出しでインタビュー記事と約36分のインタビュー映像を掲載しているが、これまでメジャー球団からオファーを受けながらも巨人でプレーすることを選んできたマシソンが、日本への強い愛着を示している。マシソンが、日本への強い愛着を示している。マシソンが巨人へやってきたのは12年シーズン。
インタビューで「マウンドでゾクゾクしました。クールな経験で、今までとは違った。火曜日、水曜日の夜でも5万人の観客がいるんです。」
彼らは立って応援すると熱狂的な日本の野球ファンについて表現。さらに、「クレイジーなのは、良いパフォーマンスでなかったとしても、素晴らしい熱狂的なファンたちが拍手をしてくれることです。ネガティブなことはないですね。」
とても良い雰囲気です。イニングの途中で降板する時でも、礼儀として拍手されるんです。(フィリーズの本拠地)フィラデルフィアならビールを投げられているよと明かしている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。