マ軍、雄星落とす!イチローによる“ラブレター作戦”準備

【ロサンゼルス16日(日本時間17日)】西武からポスティングシステムでメジャー移籍を目指す菊池雄星投手(27)が、移籍交渉とトレーニングのため、ロサンゼルス国際空港に到着した。
複数球団による争奪戦が予想される中、すでに獲得意思を示しているマリナーズがとっておきの作戦を準備していた。「イチにキクチを勧誘してもらうとか、何かしら話す機会をつくったらどうだろうか マ軍関係者が雄星獲得への秘策を明かした。イチローに“ラブレター”の執筆を依頼しようというのだ。」
実際に手書きの手紙が届くのか、ビデオメッセージが送られるのか、その場でテレビ電話をつなぐのか、現在は作戦を練っているという。昨年、大谷の面談ではドジャースがカーショーら、ジャイアンツは正捕手のポージーを同席させ、熱烈に勧誘した例もある。今オフのマ軍は主力を放出しながら、大規模なトレードを複数件で成立させるなど、チームを解体&再建中。
来年3月20、21日には日本開幕戦(対アスレチックス、東京ドーム)で来日する。「チームはいつも金銭面で問題はない。菊池が加われば2、3年後には投手陣でも重要なポジションを担うだろうとマ軍関係者。」
イチローの米1年目だった2001年以来、遠ざかる地区優勝と球団史上初の世界一に向け、菊池が躍進のキーマンになるかもしれない。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。