阪神・鳥谷「心強い」ガルシア大歓迎 難敵が頼もしい同僚に…バックアップ約束

都内で行われた「HEROs AWARD 2018」の授賞式に出席した阪神・鳥谷敬内野手(37)が17日、中日を自由契約となったオネルキ・ガルシア投手(29)の加入を大歓迎した。
今季7度の対決で2勝3敗と負け越し、安定した投球の前に苦戦した。自身も今季対戦は1打数無安打。13勝をマークした男がローテ入りしてくれれば、チームとしても頼もしい。
鳥谷は、甲子園がガルシアの強力な味方になると見る。「甲子園ってなると違った味が出てくる。心強いと期待した。」
広い本拠地が、投手にとって有利に働くことは熟知している。ガルシアが縦ジマのユニホームに袖を通して躍動する姿が容易に想像できるのだろう。「ボールがよく動いているという印象がある。」
「より内野の守りも重要になってくる。バックアップできれば」。自身は来季、ショートの定位置を狙う。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。