【巨人】原監督、岩隈特別扱いしない キャンプ1軍で「フラットに見極めたい」

巨人・原辰徳監督(60)が18日、加入が決まった前マリナーズの岩隈久志投手(37)を来春キャンプで1軍スタートさせる意向を示した。
来季、加入が決まった岩隈のキャンプでの調整を問われた時だった。「まだハッキリと2人の中で意思を統一しているわけではないがと前置きした上で、続けた。「僕は1軍からスタートさせたい」。
球春到来とともに、サバイバルに加わらせる意向を示した。17年9月に右肩手術を受けた岩隈は今季、メジャー復帰は果たせなかった。
現在も継続してキャッチボールを行えており、回復は順調だ。「それだけ(手術から)期間を使ってますから。上原とはまたちょっと違うと思いますよと原監督。」
今年10月に左膝のクリーニング手術を行った43歳の上原とはすでに対話して「開幕に100%」へ照準を合わせてキャンプ2軍スタートを通達済み。一方で1軍キャンプスタート濃厚な岩隈は、他の投手と戦える状態であると指揮官は見ている。来季、38歳を迎える右腕にとっても、エース・菅野を筆頭に山口、メルセデス、田口、今村、ヤングマン、内海らに加え、成長著しい来季3年目コンビの高田、大江、ドラ1左腕・高橋ら先発ローテ入りのライバルは多い。
常に「フラットな目で見極めたい」と強調する指揮官が、岩隈をも最初からスタートラインに立たせる意図は、勝ち抜いて奪い取れ、ということだ。岩隈も準備は進めている。8年ぶりに日本球界復帰が決まり、メジャー球に比べて革質が良くしっとりしているように感じるNPB球の感触、サイズ感の違いに慣れるべく、練習中という。
「感覚を戻さないといけない。リリースの感覚だったり、マウンドの感覚。力の伝え方をこれから戻していきたい」と話していたが、感覚面のすり合わせ作業に取り組んでいるのも、肉体面で不安がない証拠。
完全復活を遂げ、原監督への恩返しとする。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。