【MLB】韓国球界から米復帰の右腕ケリー 球速アップと投球スタイル変化の理由明かす

今季カージナルスで活躍したマイルズ・マイコラス投手は、巨人で3季を過ごし、投手として進化。
米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」では、30歳右腕ケリーのスカウティングリポートを掲載。その中でKBOで過ごしたレイズ傘下マイナー時代には、速球は88~90マイル(約4.8キロ)アップした秘訣、投球スタイルの変化について言及している。記事によれば、2014年まで過ごした4年で平均球速が3マイル(約142~145キロ)程度だったが、KBOでは92~94マイル(約4.8キロ)までアップ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。