中日松坂は6500万円増、巨人岡本は567%増の8000万円…19日の主な契約更改

プロ野球界では19日、各球団で契約更改交渉が行われた。
ソフトバンクを退団し、年俸1500万円で中日に加入した今季は、間隔を空けながらの登板となったものの、6勝4敗の成績を残し、カムバック賞を受賞した。2年連続日本一となったソフトバンクでは石川柊太投手が倍増となる6000万円プラス出来高でサイン。今季は先発、中継ぎ双方で計42試合に投げ、チームトップタイの13勝をマークした。
ヤクルトでは小川泰弘投手が200万円増の9200万円、石川雅規投手は2500万円減の9500万円でそれぞれ更改。小川は今季、右肘の手術から復活し18試合で8勝5敗、防御率2.75をマークした。石川は今季22試合に先発し7勝6敗、防御率2.75をマークした。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。