鷹・今宮が甲子園沸かせた「6」へ、松田は「5」に…18日発表、各球団の背番号は?

ソフトバンクは18日、今宮健太内野手と松田宣浩内野手の来季の背番号変更を発表した。
2017年からの2シーズンは、かつて松中信彦氏が背負った「3」に変更していたが、4年契約の最終年ということで、初心に帰る意味も込めて、異例の“復帰”となった。ヤクルトは、トレードで日本ハムから加入した高梨裕稔投手と太田賢吾内野手が入団会見を行い、背番号も決定。高梨が「14」に、太田が「46」となった。
【ソフトバンク】今宮健太内野手 3→5【ヤクルト】高梨裕稔投手 14太田健吾内野手 2→6松田宣浩内野手 46。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。