DeNA重量打線構想!2番宮崎からソト筒香ロペス

DeNAに超重量打線構想が浮上した。
宮崎の2番起用は、今季本塁打王争いを演じた。
相手投手からすれば、宮崎は「打順はまったく気にしない」と話すが、打順別(先発が20試合以上)では、3番と5番に比べ一番高く、適性を数字が物語っている。
同監督は「1、2番に桑原、神里、梶谷もいる。どういう状態でキャンプを過ごすかによって変わってくる。場合によっては(宮崎5番で)ロペスの6番もある」とオプションを持っているが、現時点では2番宮崎からの重量カルテットが基本線。
破壊力抜群の打線で、混戦が予想されるセ・リーグの頂点を目指す。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。