【巨人】岩隈、日米通算200勝「ジャイアンツで達成できたらいいな」

前マリナーズから巨人入りした岩隈久志投手(37)が19日、都内のホテルで入団会見を行った。
会見に同席した原辰徳監督(60)は、09年WBCの活躍を引き合いに出し、大歓迎した。巨人の球団旗の前に座った岩隈は、少年のような笑顔を浮かべた。原監督からの熱い言葉を受け、右腕が8年ぶりに日本へ戻ってきた。
「わくわくした気持ちでいっぱい。原監督の熱い思いに応えたいと決断した」 最高年俸はマリナーズ時代2017年の1400万ドル(約15億8000万円)だが、来季は5000万円。金額ではなく原監督の熱い勧誘に心が動き、ルーキーの気持ちで第三の野球人生をスタートさせる。
「まだまだ若手といいますか。僕(の中で)は中堅(というもの)はないと思っている。できる限り全力でやって、1、2、3年でも長く貢献できるようにプレーしたい」 積み重ねた白星は日米通算170。
日米合わせて200勝以上は野茂、黒田しかいない。「個人的な部分になってしまうけど、クリアできたら一番うれしい。ジャイアンツで達成できたらいいなと思います まずはチームが優勝すること。」
会見で「優勝」「貢献」という言葉を何回も繰り返した。「優勝をしっかりと目標にして頑張りたい。ローテーションをしっかりと守って、僕自身もまだまだやれるという自信がある。
結果も残せると思う 不安を払拭した。17年秋に右肩の手術を受けた影響で今季はメジャー登板0。だが、終盤にはマイナーで登板し順調に回復。
1軍キャンプメンバー入りは濃厚だ。8年ぶりの日本球界復帰だが、微修正をしながら開幕ローテを勝ち取る。「(米国とは)マウンドの硬さ、ボールも違う。」
感覚を取り戻したい。今の期間でもトレーニングを続けて、ボールも投げ続けている。状態は安定している 背番号は近鉄、楽天時代に背負った「21」に決まり「ありがたみを感じてプレーしたい」。
YGマークのユニホームを着せた原監督が「いいねぇ。似合うねぇ」とほれぼれするほどで、オレンジのユニホームを着せた原監督が「いいねぇ。似合うねぇ」とほれぼれするほどで、オレンジのユニホームが岩隈の醸し出す優しい雰囲気とマッチしていた。
悲願のV奪回、日本一へ。強力なピースがまた一つ、埋まった。(玉寄 穂波) ◆岩隈 久志(いわくま・ひさし)1981年4月12日、東京・東大和市生まれ。
37歳。堀越高から99年のドラフト5位で近鉄入団。04年に最多勝。
05年から球団創設1年目の楽天に所属。08年には21勝4敗、防御率1.87で最多勝、最優秀防御率などのタイトルを獲得し、パMVP、沢村賞。海外FA権を行使し、パMVP、沢村賞。
15年にはノーヒットノーランを達成。17年9月に右肩の手術を受け、18年はマイナー契約。190センチ、77キロ。
右投右打。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。