ソフトB石川「信じられない」両刀出来高もゲット 倍増6000万円2年で12倍

「両刀出来高」ゲット! 福岡ソフトバンクの石川柊太投手(26)が19日、契約更改交渉に臨み、今季の年俸3000万円から倍増の6000万円プラス出来高払いでサインした。
(金額は推定) 2時間に及ぶ交渉を終えた石川の表情は晴れやかだった。今季は先発で7勝、救援で6勝のフル回転でチームトップタイの13勝。近年は投手の分業制が確立され、同一シーズンで先発、救援を両立させた例は極めて少ない。
従来の査定での評価が困難な中、石川が提案したのが出来高の導入だった。「通るとは思っていなかった。便利屋の第一歩として、前例になるんじゃないかと思う。」
隙間を埋める自信はあるし、球団に評価してもらって誇りが持てる 年俸は倍増の6000万円となった上、出来高も手に入れた。球団が出来高を付ける対象は、通常、複数年契約や大幅な減俸となった選手。交渉した三笠球団統括本部長は「彼のような例はない。」
野球のやり方が変わってきている中、起用のされ方に応じて評価したいと説明した。石川は来季の目標として先発で1年間ローテを守っての15勝を掲げる。ただ今回の出来高には先発、救援いずれの項目も盛り込んだ。
「今年の成績なら取れる」という内容で、先発、救援のどちらかで1年間戦い抜いたとしても達成可能な条件という。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。