新天地・日本ハムで再起をかける金子 「やっていけるのか」古巣オリナインの心配事

日本ハムに移籍した金子弌大投手(35)に対して古巣のオリックスが「日本ハムでしっかりやっていけるのか」と気にかけている。
本当はすごくチームのことを考えているんだけど、言葉足らずでナイーブだからね。長年エースだったし、年俸も高かったから若い選手は話しかけにくい雰囲気があったと思う。でも本当は面白いし、声をかければよく話しますよ。
「そのへんを周囲がわかってくれればいいんだけど…」とこぼす。七色の変化球を操り、独自の野球理論を持つが、一方で周囲と群れることは少なく、カメラのフラッシュをしきりに気にするなど神経質な面もある。かつてのチームメートからすれば新天地での環境に溶け込めるか、気掛かりな様子だ。
またチーム関係者からは「日本ハムは中田みたいに男気のあるタイプが多いでしょう。痛いかゆいを言わない熱い雰囲気があるけど、金子は自分の状態を気にしすぎる面がある。頑張れば投げられるのに無理をして今後に差し支えることを気にしたり、慎重すぎるところがあるから…。」
周囲のムードに押されるようなことになるかもしれない。そこで一歩踏み出せるかどうかとの声も聞かれる。金子が新天地で本来の姿を見せることができるか、このあたりにカギがあるかもしれない。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。