日本ハム高浜、佐賀自主トレで侍稲葉監督に弟子入り

<鎌ケ谷FIGHTERS通信> 2軍の千葉・鎌ケ谷で腕を磨く若手や、ケガで調整中の注目選手たちなどの近況を報告します。
「環境を変えてやった方がいいかなと思った」。谷口からの誘いもあり、今オフ初めて、佐賀での合同自主トレに参加することにした。同地の自主トレに参加することにした。
「かなり良い機会になる」。高浜は胸を高鳴らせている。昨年はイースタン・リーグトップの打率2割9分5厘をマークしたものの、1軍では過去4年で通算13打数2安打。
07年に首位打者を獲得した稲葉監督に直接話を聞けるのは、願ってもないチャンスとなる。「特にバットコントロール。どういうことを意識しているのか、どういった練習をしているのか、右(打ち)と左で違うけど、1つでも多く得たい」。
14年で引退した稲葉監督とは“入れ違い”。あいさつ程度しか言葉を交わしたことはないが、積極的に質問するつもりでいる。今オフは本職の三塁に加え、二塁の守備にも挑戦している。
「1軍で最低でも2割5分以上は絶対打ちたい。打てる二塁手は魅力だと思うので、そこを目指したい」。必死にアピールし内野のレギュラー争いへ殴り込みをかける。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。