東京都選抜 2-7で敗れ3連敗 キューバ遠征

<高校野球キューバ遠征:東京都高野連選抜2-7キューバ>◇第3戦◇19日(日本時間20日) キューバに遠征した東京都高野連選抜(2年生以下)が現地で第3戦を行い、2-7で敗れ3連敗を喫した。
しかし7回、一挙に5点を奪われ突き放された。打線は日大三・佐藤英雄捕手、二松学舎大付の右田稜真外野手、野村昇大郎外野手(いずれも2年)が二塁打を放ったが、エルナンデス-ペレスとつないだ相手投手を攻略できなかった。
総合コーチは二松学舎大付・市原勝人監督(61)打撃、バッテリーコーチは早実・和泉実監督(53)が務める。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。