【MLB】少年野球で誤審を連発する審判、実は… ア軍内野手が仕掛けた“ドッキリ”が話題

アストロズのアレックス・ブレグマン内野手が企画した“バッドアンパイア”ドッキリが話題となっている。
ブレグマンと友人たちが正体を隠して審判を務め誤審を連発する様子を「Cut4」が動画で公開した。記事では今オフは他競技の試合に出席するなど多忙な毎日を過ごすブレグマンを「今アレックス・ブレグマンよりも忙しいメジャーリーガーを探すのは大変難しいであろう」と紹介。そして「インターネット上のスターになるためにブレグマンがした直近の努力は、友人たちと一緒に偽名とかつらを使って“バッドアンパイア”に扮し、少年野球の試合に潜入し、あからさまな悪戯をたくさんした」と、ドッキリの内容を伝えている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。