ヤクルト助っ人リリーフは150キロのマクガフ有力

ヤクルトが、来季の助っ人リリーフにスコット・マクガフ投手(29)を有力候補に挙げていることが20日、分かった。
MLBでは、15年に6試合に登板。球速は150キロ前後で、球威があるという。ヤクルトは今季、主に中継ぎを務めたカラシティーが退団。
リリーバーの補強を進める中で、同投手に白羽の矢を立てたとみられる。再契約した左腕デーブ・ハフ投手(29=ダイヤモンドバックス傘下3A)を獲得。
来季9シーズン目を迎えるウラディミール・バレンティン外野手(34)、2年契約の2年目となるデービッド・ブキャナン投手(29)と合わせ、来季の外国人5人体制が年内に固まる可能性が高まった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。