大谷が振り返った2018年「良い時も悪い時も楽しむことができた」

第51回内閣総理大臣杯『日本プロスポーツ大賞』の授賞式典が20日(木)、東京都内のホテルで行われ、MLBのエンゼルスに所属する大谷翔平選手(24)が2年ぶり2度目の「大賞」を受賞した。
良い時も悪い時もありましたけど、それ自体を楽しむことができたのかなと思う。来年がどういう1年を送れたことを強調した。気になるケガの状態に関しては「年内までほとんどやることが同じ」と語り、「そらくシーズン中もリハビリと並行しながらの出場になるのかなと思うので、なるべく早く実戦に入ってなるべく早くチーム戻れるようにまずはそこを目指してがんばりたいと来季を見据える。
また、多くの人が注目しているであろう、花巻東高校の“先輩”菊池雄星との対戦に関しても「どの時期に復帰できるかはわからない」「まずは実戦に戻ること」と足元を見つめた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。