日ハム吉田輝星&中日・根尾昴 早くも流れる狂想曲の舞台裏

文字通り「金の卵」を手にした両球団が、早くも欣喜雀躍だという。
今秋ドラフト直後には関大名誉教授の宮本勝浩氏が、吉田の出身地である)秋田県からの入会者が前年より600人ほど増え、700人を上回った。
全国的にも前年を上回りそうです。シーズンシートは現在も購入者を募っていて、吉田選手に興味を持って購入していただいたり、購入を検討するお客さんがかなり多い印象です。「ハンカチフィーバーを巻き起こした斎藤が入団したときと同じような熱気を感じています 11月に秋田で行われた県民栄誉賞の授賞式の観覧では、定員800人のところ1万人超の応募が殺到。」
実に13倍の抽選となっただけに、日本ハム関係者は今後もシーズンシートの売り上げ増にソロバンをはじく。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。