西武・内海「一つでも上に」 背番号も一つ増え27番 入団会見

巨人にフリーエージェント(FA)移籍した炭谷銀仁朗捕手(31)の人的補償で、西武に加入する内海哲也投手(36)が21日、埼玉県所沢市の球団事務所で入団記者会見を行った。
背番号は27に決まった。通算133勝と実績十分の左腕は西武投手陣で最年長となる。「年齢的にあと何年プレーできるかわからないが、強い西武の一員として活躍したい。」
(米大リーグ移籍が濃厚な菊池)雄星君の代わりはできないと思うが、若い投手も多く、自分にできることは野球以外でもしたいと表情を引き締めた。背番号は複数提示された中から27を選び「26番だった巨人時代より、一つでも上に、先に行くつもりで選んだ」と説明した。渡辺久信シニアディレクター兼編成部長は「球のキレ、制球など今季の登板内容も良かった。
リーダーシップも取れる投手で最適な人材と期待していた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。