西武移籍の内海、熱烈ラブコールに苦笑「勇人がいて良かった」

フリーエージェント(FA)で巨人に移籍した炭谷銀仁朗捕手(31)の人的補償として、西武に入団が決まった内海哲也投手(36)が21日、埼玉県所沢市の球団事務所で記者会見にのぞんだ。
プロテクトリストから外れていたことについては「ルールなので、僕がどうこう言うことじゃない。(移籍を9前向きに捉えたいと思っています」。前夜は同僚から惜別の電話を受け、原監督からも直電で「頑張って来い」とエールを贈られたという。
苦笑いしたのは昨季、野上の人的補償として巨人から西武に移籍していた高木勇人投手からの熱烈ラブコールだ。ウインターリーグ参戦中の豪州から興奮気味に電話があり、「めっちゃ笑ってた。こっちは(移籍を)言われたばかりなのに。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。