阪神が大谷元同僚マルテと大筋合意 メジャー30発

阪神が新外国人野手としてエンゼルスからFAとなったジェフリー・マルテ内野手(27)と大筋合意したことが20日、分かった。
新生矢野阪神の4番候補として期待される。マルテは豪快な打撃が魅力だ。16年には88試合で15本塁打をマークするなどパンチ力は十分。
今季は7本塁打も、7月16日にメジャー最高給左腕のドジャース・カーショーからアーチを放つなど「大物打ち」の一面を見せた。日本でのプレーを強く希望しており同本部長は「27歳と若いので、今後、日本に来ても成長してくれるんじゃかなと思う」と伸びしろを見込んだ。ポジションは一塁を想定しているが、メジャーでは三塁、左翼を守るなど有事の際には多用なオプションも可能だ。
◆ジェフリー・マルテ(Jefry Marte)1991年6月21日、ドミニカ共和国生まれ。15年7月にタイガースでメジャーデビュー。16年からエンゼルスでプレーし、メジャー通算256試合、打率2割2分2厘、30本塁打。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。