「甲斐キャノン」の評価の難しさ 日本シリーズMVP男が保留…査定は妥当か

ソフトバンクの甲斐拓也捕手(26)が21日、ヤフオクドーム内で契約更改交渉に臨み、年俸4000万円からのアップ提示を保留した。
今日は決められなかったと話した。今季は扇の要として立場を確立し、133試合出場、7本塁打、37打点が自己最多。12球団トップの盗塁阻止率4割4分7厘で、2年連続のゴールデングラブ賞を受賞した。
日本シリーズ新記録6連続盗塁阻止で「甲斐キャノン」の通称を一躍、全国区にし、同シリーズMVPに輝いたのも記憶に新しい。三笠球団統括本部長も「日本シリーズの活躍は本当に素晴らしかった。プラス評価の材料」とうなずく。
だが、初回交渉で両者の隔たりは解消されなかった。前年の出場13試合から、一気に103試合へと出番を増やした昨季は、オフに年俸900万円から4000万円までの昇給を勝ち取った。今季の貢献度が昨季を上回るのは当然だが“前年との差”は昨季が大きい。
またチーム順位は昨季が優勝で、今季は2位。これも、もう一声となりにくい要因には違いない。シーズン打率2割1分3厘もアピール材料にしづらかった。
甲斐自身も「納得できる数字ではない。バッティング面でも全く、ですし。そういう低い成績でも評価していただいているほう。」
そこは理解はしてますと言う。となると、争点は守備の評価だ。三笠球団統括本部長は「守備的ポジションの選手の評価って、いろいろ難しいところもあるという話もした」と明かす。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。