【MLB】ヤンキース左腕サバシアが動脈異変で血管形成手術 来春キャンプまでには回復

ヤンキースのベテラン左腕CC・サバシア投手が12月に入り、動脈閉塞を治すために血管形成手術を受けていたことが明らかになった。
その結果、心臓につながる動脈の閉塞が見つかり、症状を解消するために血管形成手術を受けた。キャッシュマンGMは「CCが機転を利かせ、自身の症状をメディカルスタッフに伝えてくれて本当に良かった。おかげで、ニューヨーク・プレスビテリアン病院ですぐに原因を突き止められた。」
また、CCの手術が予定通り順調に行われたことにも安堵している。彼は試合で見せる優秀さを超えた非常にダイナミックな人物。今後も彼の健康を最優先にしていきたい。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。