メジャーに色気の西武秋山、牧田から自身の評判入手

西武秋山翔吾外野手(30)が、来オフのメジャー挑戦について「行くとしたら絶対ラストチャンスですね」などと話した。
来季中に海外FA権を取得することをにらみ、4日の契約更改で複数年契約を)のんでいたかもと明かした。今季はリーグ制覇に大きく貢献するもCSでは不調で、不完全燃焼に終わっただけに「日米野球ではいろいろな投手とできて、楽しかった。」
挑戦してみたい気持ちも出てきたと最後に手応えをつかんだ様子。先輩でパドレス3Aの牧田和久投手(34)からは「アメリカ楽しいよ。こっちでも名前挙がってるよ」と言われたという。
今季は同僚の菊池雄星投手(27)が、ポスティングシステムでメジャー挑戦中。21日には広島菊池涼介内野手(28)が、ポスティングシステムでのメジャー挑戦の意思を球団に伝えるなど、メジャー移籍を巡る動きが活発化している。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。