山川「来季は50本」多和田「これからも頑張る」 沖縄の若獅子にタイムス特別スポーツ賞贈呈

【東京】沖縄タイムス社(武富和彦社長)は21日、プロ野球パ・リーグの埼玉西武ライオンズに所属し、今季のリーグ本塁打王を獲得した山川穂高内野手(27)=那覇市出身=と、最多勝利投手に輝いた多和田真三郎投手(25)=中城村出身=に「沖縄タイムス特別スポーツ賞」を贈呈した。
多和田投手も16勝を挙げ、チーム10年ぶりのリーグ優勝に貢献した。武富社長は「2人の活躍は沖縄の子どもたちに夢を与えただけではなく、県民に西武の試合を見る楽しみができた。来季も2人でMVP争いをして日本一に輝いてほしい」とたたえた。
山川内野手は「すごくうれしい。練習をしたら結果が出ることを身をもって感じた。来季は本塁打50本を目指す」と喜び、多和田投手は「いろんな人に支えられて最多勝につながった。
沖縄から離れて時間がたつが、これからも良い報告ができるよう頑張りたいと話した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。