西武・秋山 メジャー挑戦への希望初めて明かす 時期は明言せずも「来年がラストチャンスだと思う」

西武の秋山翔吾外野手(30)が22日、ニッポン放送の「高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク」に生出演し、メジャー挑戦への希望を初めて明言した。
秋山は順調にいけば来季中に海外フリーエージェント(FA)権を取得する。来季で3年契約を破棄しての新たな複数年契約を満了する秋山に対して、契約更改交渉では球団側から現契約を破棄しての新たな複数年契約を提示されたが、これを固持していた。
ただ甘い世界ではないし、行くのならタイミングを見ても来年がラストチャンスだと思うと胸中を明かした。契約更改後の会見では来オフのメジャー移籍の可能性について言及はせず、含みを持たすにとどめていたが「(思いを)言えて良かったとも話した。先輩で先に海を渡ったパドレス・牧田と連絡を取っており、「“向こうでも(秋山の)名前が出てるよ、という話もあった。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。