鷹の守護神・森、1.5億増の2.8億円+出来高 来季はサファテと「切磋琢磨で」

22日、ソフトバンクの森唯斗投手が契約を更改した。
シーズン前半は慣れないポジションに苦戦することもあったが、オールスター明けから安定した投球を続け、37セーブで最多セーブ投手賞のタイトルを獲得。さらに66試合に登板して5年連続50試合以上登板も達成した。長年の貢献度の高さも加味したうえで、球団は最大級の評価で応えた形だ。
森は「最高の評価をしていただきました。想像以上です」と最高の笑顔を見せながら「ブルペン陣のリーダーくらいの気持ちでやってほしいと言われたので、自分でもしっかりやってやろうという気持ちです」と森。和田毅の減俸や摂津正、五十嵐亮太の退団もあり、現時点ではチームの日本人投手最高額。
「自覚をしっかり持たないといけないですね。(金額に)恥じないようにやりたいです」と気合いを入れ直した。「この1年9回を任されて楽しかったですし、またやりたいという気持ちはあります。
自分がやるべきことをしっかりやってアピールしていくだけです。(サファテが戻っても)切磋琢磨してやっていければいいですね 来季に向けて「まだ若いし、もっともっとやれる。リーグ優勝できるようにやっていきたいです。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。