5億7000万円の鷹・柳田が語った進化を続ける要因「自分に厳しく追い込めるか」

ソフトバンクの柳田悠岐外野手が21日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行った。
球団からの提示を見た柳田は思わず「これでいいんですか?」と問い返したという。昨オフに、変動制とはいえ3年契約を結んでいながら、さらなるベースアップ。想像以上の高い評価に、笑顔を浮かべながら、「ありがたいですし、感謝しかないです」と語った。
今季は一時離脱もありながら、130試合で打率.352で首位打者に輝き、3度目の挑戦で自身初となる100打点もクリアした。球団史上最高年俸の単独トップとなり「自分のお金は野球をやっているときは関係ないんで。」
グラウンドに立っているときは結果を出したいとしか思っていないんで。ただ責任感はあります。チームのためにより一層頑張りたいと表情を引き締め直した。
球界トップの強打者となった柳田だが、「まだまだやれると思っていますとさらなる進化を目論む。年々凄みを増すその要因を「トレーニングを怠らないことじゃないですか。自分に厳しく追い込めるかが大事。」
相手も対策をしてくるので、このままでいいと思ったら成績は上がってこないと思いますと語った。来季の目標には「MVP」を掲げ、具体的な数字を「3割40本塁打100打点」に定めた柳田。
「MVPは優勝しないと難しいタイトルなので。チームが優勝する中で抜群の成績を残したい」という。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。