【巨人】岡本和真、エース級打つ!「失投一発で仕留める」

巨人の岡本和真内野手(22)が22日、超一流への挑戦を来季の目標に掲げた。
「「1年だけと言われたくないとレベルアップを約束した。即答だったことが、打席で受けた衝撃の大きさを物語っていた。野球教室の質問コーナー。」
小学生から「今まで対戦した中で、一番すごいと思ったピッチャーは誰ですか」と問われると、2人は楽天・岸の名前を挙げた。岡本が「前に飛ぶ気がしなかった」と明かせば、吉川尚も「直球のキレとコントロールがすごかった。「これは打てないな」と思ったと振り返った。
今季の岡本は第89代4番に座り、史上最年少で「3割・30本・100打点」を達成したが、岸には完敗だった。「内角に来ると分かっていて、実際にはそれほど厳しいコースではなかったのに、体が全く動かなかった」。
1打席目からは3連続三振を喫した。真の4番…超一流になるためには、一流投手を打ち崩すことが必要だ。岸以外でも今季、広島・大瀬良やヤクルト・ブキャナン、中日から阪神に移籍するガルシア、阪神・メッセンジャーらエース級に苦戦した。
どのコースが得意でどこが苦手なのか。今年のデータを基に、来年はさらに厳しく攻められることは確実だ。それでも岡本は「「1年だけと言われたくないし、今年以上の成績を残したい。」
(研究されても)失投は絶対にある。それを一発で仕留められるようにしないといけないと頼もしかった。野球教室では「いいスイングを心がけるより、しっかりボールを打つことだけを考えた方がいい」「打席では「ここで打てば盛り上がるな」とか考えているなど、チビっ子たちに岡本流の極意を伝授した。
シーズン終盤には体重が104キロまでいったと明かした。「米は我慢。焼きそば、お好み焼きも食べたいけど、体重を90キロ台にしてキャンプを迎えたい」。
炭水化物の摂取を抑えて体を絞る。「今年は個人としてはいい成績でしたが、来年は優勝と日本一に貢献できるように頑張ります」。来季の野球教室では、エース級の打ち崩し方を教えてくれるだろう。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。