【巨人】菅野、通算防御率2・17…得点圏被打率の低さは4年連続トップ

巨人・菅野智之投手(29)はプロ6年目の今季、防御率2・14で3年連続4度目の最優秀防御率をはじめ、15勝で2年連続2度目の最多勝、200奪三振で2年ぶり2度目の最多奪三振と「投手3冠」に輝いた。
歴代最多は稲尾の5度。菅野と同じくプロ6年目で4度目の最優秀防御率を獲得し、防御率1点台が2度。
通算防御率は2・30、4位がダルビッシュ有の1・99、2位が前田健太の2・17で、1000投球回以上では歴代12位だが、66年のドラフト制以降の入団では、1位が菅野、3位が江夏豊の2・17で、菅野の防御率の良さが際立ってきた。また、今季は10完投8完封。
シーズン8完封は78年の鈴木啓示以来、巨人では63年伊藤芳明の10完封以来55年ぶりだった。同一リーグ5球団全てから完封勝利をマーク。9月から10月には中5日や中4日でフル回転しながら3試合連続完封を達成した。
自身2度目の3試合連続完封は、2リーグ制後では球団初だった。今季、得点圏での被打率は1割8分6厘(183打席、161打数30安打、56奪三振)規定投球回以上の投手で最も良い数字だった。
15年から得点圏被打率の低さは菅野が4年連続トップは菅野の他に誰もいない。特に今年は得点圏での奪三振率が自己最高の30・6%で、ピンチの強さにも年々、磨きがかかっている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。