イチロー51歳まで現役!?少年の質問に答える

マリナーズのイチロー会長付特別補佐(45)が23日、自らが大会長を務める「第23回イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の閉会式に出席した。
常に自分で自分はどうなんだと問う人間、大人になって下さいと、イチローは少年少女たちにエールを送った。「今年の僕は大きな転機だった。春にマリナーズユニホームを着て、5月頭まで試合に出た。」
でもそれからは、1人でトレーニングして、バットを振って、ボールを投げていた。(そんな生活を)自分で続ける自信はあった。手を抜くことは簡単。
シーズンを終えたときに、自分に負けたくなかったと自らの今季を振り返った。来季については、「春へ向けて自主トレを続けると現役続行に力を込めた。質問コーナーでは、小学6年生の選手から「ボクがプロになったとき、日本で対戦できるか」と質問が飛び出した。
「日本ではやることはないから、アメリカに来てやろう」と、日本球界復帰の可能性を否定。少年の高校卒業年を計算し、「6年後か。僕が51歳…いい数字だと、日本球界復帰の可能性を否定。
イチローは、今年3月に古巣マリナーズと1年間のメジャー契約を締結。オープン戦での頭部死球などに悩まされたがメジャー18年目の開幕スタメンをゲット。15試合、9安打、打率2割5厘、9安打の成績をマーク。
しかし、5月に入り、残り試合に出場せず球団の会長付特別補佐に就任した。現役は引退せずチームに同行してきた。来季は、3月20、21日にアスレチックスとマリナーズが、東京ドームで19年の開幕カードを行う。
そこでプレーする可能性は高い。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。