オリックス6位左沢は目標60試合、先輩高梨ら手本

オリックスのドラフト6位、JX-ENEOSの左沢優投手(23=横浜商大)が23日、「60試合登板」を目標に掲げた。
同じ変則左腕の楽天高梨雄平投手(29)はともに、JX-ENEOSの先輩。「おふたりとも、厳しい場面でリリーフしている姿がすごいなと尊敬している。2人はドラフト下位指名(高梨は9位、嘉弥真は5位)ながら、プロ1年目からリリーバーとして結果を残したことも、左沢にとっては刺激になっている。」
「ぜひ続きたい。中継ぎで60試合に登板できるよう、いい結果を残していきたい」と、先輩たちの姿を自身に重ねている。度胸満点のピッチングのように、言葉が迷いなく出てくるのも頼もしい。
「プロの世界は楽しみです。常にわくわくした気持ちでやりたいですね。不安要素ももちろんあります。」
「でも野球が好きでずっとやってきたので、その原点を忘れずにやっていきたいです」。隣でうなずく同じ横浜隼人のOB、阪神小宮山慎二捕手(33)は来季プロ16年目。1軍出場は決して多くないものの、腐らず、人知れず努力を重ねてきた。
先輩のプロ入り当初と同じ60番を背負う左沢は「野球をやれる間は、全力でプレーしたいです」と息の長い選手を目指す。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。