バット操作、ニッチロー、毎日やること… 子供達の質問にイチローはどう答えたか?

マリナーズの会長付き特別補佐を務めるイチロー外野手が23日、故郷の愛知県西春日井郡豊山町で行われた「第23回イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の閉会式に出席。
「毎日僕がカレーを食べていると、みんな思っているみたいだけど、それは違います。毎日食べていた時期もありますけど、あれは事実と反するので、365日食べているわけではありません」と話し、会場の笑いを誘った。その後は「毎日してること、なんだろうな…。
えぇ~…。子供達の質問は直球過ぎて答えづらい。大人の質問には慣れているんだけどね…。
なんだろう、毎日してること…」と、沈黙が続き、会場には再び笑いが。「練習はできない日もあるから毎日ではないし…。今日1日楽しく過ごそう!って毎日思っている。
大人になると、ストレスばっかり。毎日過ごすことが目標みたいになると回答。「具体的に何かしていることとなると…」と戸惑い、子供への逆質問で返ってきた「柔軟体操」にも「柔軟も、毎日してるとは言えないんだよな…」と苦笑い。
最後は「考えときます」と締めた。続いての質問は「お笑い芸人のニッチローさんをどう思いますか?」という、なかなかトリッキーな質問に。これには「あの人会ったことないんだけど、3000本を間近にした時に…。
あーでも、これ言えないやつだなー。結構言いたいことあるんですけどねと、何やら意味深な発言。モノマネのクオリティーの高さは「僕もね何度か見たことはあるんですよね。」
モノマネって普通は大げさにする、大袈裟にして面白くする。そのままやって、それで面白いというのは稀なケースだと思うと認めつつ「本当に言いたいことは、後で言います。マイク使って言えない」と会場に報道陣もいたことで口をつぐんだ。
次は「バットコントロールの秘訣はなんですか?」と野球に関する質問が。これに対しては「これは結構聞かれるんだけど、僕、高校時代は誰よりも練習しなかった。しているイメージ、誰よりもやってなかった。
上級生になってからは、サボろうと思ったらサボれると“練習の虫”として有名なイチローにとっては珍しいエピソードを披露。ただ、続いて「なんでかと言うと、プロ野球に入ってからのことを考えていたからなんだけど…あ、でもこれも良くない、良くない話だな…」と、そのワケについては“自粛”。「みんなくらいの年齢の時は誰よりも練習していた。
毎日365日のうち365日のうち365日のうち365日練習をやっていた、その時は。その頃の感覚、感触は今でも残っている。バットコントロールはその時に身についたものだと思っているので、みんなくらいの年齢で頑張るのはとっても大事だと思いますと、子供の頃のたゆまぬ努力の大切さを説いた。
そして、最後の質問は「高校を卒業したらプロに行くので、イチロー選手と対戦したいので、それまでプレーしていますか?」というもの。かなりの“直球”質問に、イチローも思わず「おーい!直球きたねー!」と笑み。さらに「でもいいよ、その決意表明好きだよ。
さっきも言ったけど、できると思っていてもできるとは限らないけど、できないと思ったら絶対にできないから、いまの宣言は凄い好きと、まずは質問した子供を褒めた。ただ、「日本ではないと思っていますと日本球界復帰の可能性はやんわりと否定。「できるだけ頑張りますけどね。」
チームスポーツだからね。メンバーに入れるかはチームの状態によるからと語り「アメリカで待ってます。最短で18歳だから、あと6年でしょ。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。