藤原よ聞け!ロッテ中村奨吾が語る30盗塁の難しさ

ロッテ中村奨吾内野手が知名度アップを誓った。
活躍してオールスターに出たり、CSとか日本シリーズとかなったらもっと見てもらえると思うので、覚えてもらえるように頑張りたいと思いますと目標に掲げた。ドラフト1位大阪桐蔭・藤原恭大外野手にプロの厳しさを教える。藤原が「30盗塁以上」を目標に掲げていることを聞くと「30盗塁は難しいですよ。
企画数もそうですし、出塁も(必要)だしと中村奨。簡単な目標ではないと伝える。厳しさだけでなく、相手投手の癖なども惜しむことなく共有していく。
「それはもちろん。チームのためですし、(藤原が)どこ打つかわからないけど、自分が打席に立つ時に得点圏に行ってくれるかもしれないし」。質問にもどんどん答えるつもりだという。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。