JR東日本・山口 履正社時代に続き2度目のドラフト解禁年!巻き返し誓う

プロ注目のJR東日本・山口裕次郎投手が23日、千葉・柏市内の同社グラウンドで年内の練習を納めた。
1年目の春先から登板機会をつかんだが、投球フォームの確立に苦戦。球速もがくっと落ち「ずっと合わないままやっていた感じ」と試行錯誤を繰り返す日々が続いた。ライバルの存在が発奮材料になっている。
同じ高卒2年目で来秋ドラフト候補右腕の太田龍投手や西田光汰投手のブレークを目の当たりにし、「悔しいは悔しいですね。負けてられないと刺激を受けた。臀部(でんぶ)の筋肉や肩周りの筋肉を鍛えるなど地道なトレーニングで、「きっかけが見えてきましたと視界は良好だ。」
シャドーからネットスロー、キャッチボールと段階を踏んでフォームを見直し、137キロまで球速を取り戻した。「まだまだ上げられる、上げていきたいと復調気配を漂わせる。今月には動作解析の専門家の講習を受け、メジャーリーガーの体の使い方からもヒントを得た。」
「なるほどと思うところもあった」と新しい知識も吸収。フォームを自分のものにし、回転数の多い球質を生かしてキレで勝負していく覚悟だ。「非常に期待していますと堀井哲也監督も完全復活を心待ちにする。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。