【巨人】北村が坂本勇を“密着マーク”「0から10全てを吸収したい」

巨人の北村拓己内野手(23)が23日、坂本勇を“密着マーク”する意向を示した。
「課題は打撃。打たないと生き残れない。坂本さんという日本を代表する選手の下で、0から10全てを吸収したい」と気合をにじませた。
この日は東京・武蔵野市内の母校・亜大で、今秋まで部長を務めた大島正克氏の学長就任祝賀会に参加。今季まで巨人の1軍内野守備走塁コーチを務め、侍ジャパン強化本部に新設される戦略部門のポストに就任する井端弘和氏(43)からは「この中から一人でも多くジャパンに選ばれて、東京五輪に出場できるように頑張ってください」と激励の言葉が贈られた。北村は「いずれそういうところでやるのが野球人としても目標。
まずは巨人で生き残ること。来年こそ1軍に居続けたいと意気込んだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。