イチロー、田口、松井秀、青木らが確かな足跡残す MLB日本人外野手の歴史

DeNAの筒香嘉智外野手が、今オフの契約更改交渉の席でポスティングシステム(入札制度)によるメジャー挑戦を球団に直訴した。
○イチロー(2001~)通算(18年):2651試合9929打数3089安打117本780打点509盗塁 打率.350をマーク。MVPと新人王を受賞し、いきなりリーグ最多の242安打、56盗塁、打率.311 OPS(出塁率+長打率).757 27歳の2000年オフに日本人初となるポスティングシステムの利用でオリックスからマリナーズに移籍した。1年目から主力として活躍し、MLB歴代最多タイの116勝を挙げたマリナーズの原動力となった。
4年目の2004年、開幕こそ低調な出だしだったイチローは、5月に月間打率400、7、8月はそれぞれ.432、.463という驚異的な打率をマーク、シーズンでMLB史上最多となる262安打、リーグトップの.372を記録し、MLBの歴史に名を刻んだ。36歳となる2010年シーズン途中にはヤンキースにトレード移籍した。
2014年オフにFAとなると、新天地にマーリンズを選んだ。3年間を過ごしたマーリンズでは主力外野手が3人いたこともあり、主に4番目の外野手としてプレー。
怪我人の穴を埋める活躍を見せた。1年目こそ不振に苦しんだが、2年目の2016年には前年の.229から大幅に数字を上げる.291を記録した。2018年からは古巣マリナーズに復帰。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。