日本ハム金子を開幕3連戦3先発、あるぞオープナー

“栗サンタ”がメジャー流の夢プランを披露した。
来季V奪回に向け「前例にとらわれないことをやりたい」と意気込む智将。頭の中は、多彩な戦略で満ちている。オープナーとは、本来は救援投手を先発させる起用法。
金子については「慣れるまでは今までのポジションがいいと思う」と先発枠の一角として考える。その一方で「偉大な選手なので何でもできると思う」と、世界的な変革の空気を感じている。
データの科学的な分析、実践が進むメジャーを引き合いに「分析力のある天才たちを集められないか」と、すでに球団側には希望を伝達済み。より論理的に戦略を練る助けにしたい考えだ。オープナーの他にも「来年はアメリカみたいな(変則の)守備シフトを敷こうかな」。
栗山流イリュージョンで、来季の日本球界を沸かせる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。