早大新主将・加藤、プロ入りへ打ちまくる!早実時代は日本ハム清宮とプレー

来秋ドラフト候補の早大・加藤雅樹外野手(3年・早実)が24日、東京・東伏見の同大学グラウンドで年内の練習を納めた。
いまでも連絡を取り合う仲で、「飛距離とか対応力とか、ものすごいものがあるなとプロの世界で活躍する後輩の姿に舌を巻いた。「同じ舞台に立ちたいと刺激を受けている。大学で捕手から外野手へとコンバートし、目標のプロ入りへ打撃に磨きをかけることがカギになる。」
今秋は不振からスタメン落ちも経験したことで、「基本的なことを忠実にやると打撃フォーム修正に着手。小学校時代から教わってきたことを思い出し、原点回帰で理想を追い求めていく。「数字とか結果から逃げてはいけないと力を込める。」
目標はレギュラーに定着し、首位打者に輝いた2年春の3割7分5厘&4本塁打以上だ。「打点の数というのは気にしますねと、4番として勝負強さを発揮することも誓った。早実時代に続いて新主将に決まり、ミーティングでは「(来年)1月5日、フルな状態で戻ってこられるようにしようとナインを鼓舞した。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。