西武秋山が苦笑、小泉氏「横須賀から初のメジャー」

西武秋山翔吾外野手(30)が24日、地元の神奈川・横須賀市内で開かれた野球交流会に参加した。
小泉氏から「3年前に打たれたホームランと放物線がほぼ同じなのが面白いですね。あれだけ見事に打たれると気持ちいい」とさわやかに祝福され「ずっと抑えられていたというか、ホントに打てていなかったので、来年へ弾みつきましたね」と喜んだ。順調にいけば、来季中に海外FA権を取得。
米メジャー移籍も選択肢に入ってくる。小泉氏が子どもたちを前に「もしかしたら、将来メジャーにもね。これ、言っちゃいけなかったのかな? 僕の勝手な想像ですけど、もし行くとなったら、横須賀から初のメジャーリーガー。」
秋山くんには、どんな可能性も開けているとデリケートな話題に笑顔で踏み込むと、集まった報道陣を気にしながら苦笑していた秋山。交流会終了後には「進次郎さんがリップサービスをされていましたけど、そういうの(期待)が出てくるのは、ありがたいこと」とした上で素直な胸中を言葉にした。「その気持ちが(全く)なかったら(提示された新たな複数年契約に)サインしていたと思う。
自分として納得できないところ、まだチャレンジしたい気持ちとか、いろいろあった。それらが重なって、単年という契約になった。いろんな選手がメジャーという可能性を持っていて、その中の1人というだけの話。
自分のプレーを出した上で、球団から残ってほしいと言われればもちろん考えるし、そのプレースタイルで(メジャーが)欲しいと思ってくれるなら、可能性があるというだけ。曖昧とか、決意が緩いとか言われてしまうと苦しいですけど、自分としては、そういう位置づけですまずは今季届かなかった日本一へ全力を注ぐ。「来年1年間しっかりやった上で、どういう感情があるか。」
何せ、とにかく結果を出さないと。チームがガラッと変わっているので、その中で先頭に立って、頑張っていきたいと思いますと覚悟を語った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。