阪神桑原キャンプ初日ブルペン入りへ年末年始も無休

阪神桑原謙太朗投手が、来春キャンプの初日にあたる2月1日にブルペン入りする考えを明かした。
昨年の最優秀中継ぎ投手は「競争は競争ですから」。来季はすでに始まっている。この日は人影の少なくなった鳴尾浜グラウンドで、秋山とキャッチボール。
実家で過ごす年末年始も「毎日、何か(の練習)はします。元日も走るつもり。休まず体を動かしている方が自分はいいので」と完全オフ日は設けない。
登板数は2年連続で60試合を超え、昨年は39、今年は32ホールドを記録。金本阪神を支えた救援陣の一角で、首脳陣の信頼は揺るぎない。ただ来季は同じ職場に新外国人ジョンソン、能見、岩崎らがひしめく。
競争を勝ち抜き、矢野阪神でも不動のセットアッパーになる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。