「オオタニと過ごした時間の全て」MLB公式、今季のトッププレー10選に

残りわずかとなった2018年。
2018年も残り1週間となった24日(日本時間25日)、MLB公式データ解析システム「スタットキャスト」のデータをもとに、最も「エキサイティング」かつ「興味深い」プレーを基準に選ばれた10個のプレー。
その“大トリ”で登場するのが、大谷のルーキーシーズンだった。「103.4マイルという外野からの最速送球や今季の「最速打球」「最長飛距離本塁打」、そして、安打確率0%で「生まれるはずもなかったサヨナラ安打」などとともに、大谷のルーキーシーズンだった。
それにより彼はトミー・ジョン手術を強いられ、2020年までマウンドから遠ざかることになる。けれども、その計り知れない失望があるなかで、彼はア・リーグ新人王を勝ち獲ったと、大谷の1年を回顧した。記事内では、大谷の1年を回顧した。記事内では、大谷の1年を回顧した。
2018年に記録された打球のうちの、たった0.3%が113マイルもしくはそれ以上と言うことだ。わずか51人の打者が2度以上それを記録しただけであると指摘されている。さらに投手としての大谷のプレーにも注目。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。