【ロッテ】平沢、豪州WLから帰国 21歳の誓いは「キャリアハイ」

ロッテ・平沢大河内野手(21)が24日、酒居、種市とともに参加していた豪州ウィンターリーグ(WL)を終えて、成田空港へ帰国した。
来年は勝負の年と飛躍への意気込みを見せた。豪州では長時間のバス移動後の試合や、荒れたグラウンドでのプレーも経験し「日本はすごく恵まれているなと思った」と環境面での違いに触れることもできた。14試合の出場で打率1割6分7厘、0本塁打、2打点と数字こそ低調だったが、モーションの速い外国人投手との対戦を繰り返し、タイミングの取り方など「引き出しができた」と収穫を口にした。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。